FC2ブログ

彼らはどこから来たのか、どこへ行くのか、何者か

2010
07-31
読んだら、クリック↓

7月31日。晴れ。
昨日、PMFという若手育成を目標にした団体の主催する、オペラのコンサートに出かけた。

今時期は、バイロイトでワグナーが定番だが、実は個人的にはワグナーよりイタオペの方を多く聴く。

昨日の曲目もほとんがイタリア・オペラだった・・・

10人ほどが2曲ずつ歌って、最後に本場の外人サンが登場。

やはり、格の違いを見せつけてくれた。

若手の日本人には気の毒だが、これは越えられない壁だろう。

つまり、歴史、文化、伝統のことである。

その実力もだが、服の着こなし一つ、歩き方一つ、発音一つでも、日本人の場合はお仕着せと感じられるのは、決して偏見ではあるまい。

ことに、女性陣の派手なロングドレスの着こなしと歩き方は、実にみっともなかった。

和服なら、こんなことにはなるまい。

一昨日、温泉ですれ違った子供づれの若い女性の浴衣姿を見て、こういう色気は日本人にしかだせまい、と納得したのだが。

・・・ところが、近頃はその浴衣すらちゃんと着られない若い女が増えたらしい。

もう、内股で歩くことができない。だらだらと脚を引きずって歩く癖がついているために、だらしがない―と、知人の女性から聴いた。

まあ、そうだろう。電車に股を開いて乗り、化粧をし、お菓子をボリボリやるのが、今風のサルもどきの娘たちであるから。
・・・・・・・
それでも、クラシックに挑む日本人は後を断たない。

才人もいるにはいるが。

そのクラシックの演奏自体、過去の焼き直しと言うジレンマの中から抜け出すことはできないでいる・・・

ジャズも、今やロックも古典となってしまった。

もう、《新しい》音楽は生まれないのかもしれない。

そして、今では自分の中でも音楽が随分と脇役になってしまって、今後再び主役になることはありそうにない。

隠居したら、好きなレコードをマッキントッシュの管球アンプで日がな聴いて暮らす、と言う夢もどこかへ消えてしまった。

「防衛白書」異例の発表延期 菅首相対応にマスコミから批判 (J-CAST) 
異例の発表延期となった「防衛白書」をめぐる菅直人首相や仙石由人官房長官の対応に、「事なかれ主義」(読売新聞)「弱腰外交」(産経新聞)「その場しのぎ」(日本経済新聞)と、批判するマスコミが目立つ。
防衛白書は防衛問題に対する国民の理解を得るため、毎年7月下旬から8月初旬に刊行され、2010年版で36回目になる。延期は初めてことで、さまざまな憶測を呼んでいる。
日経新聞「不自然さが残る」と指摘
仙石官房長官が2010年7月30日に予定していた「2010年版防衛白書」の公表の先送りを発表したのが7月28日。理由を、「韓国哨戒艦沈没事件をめぐる直近の状況に関する記述を加えることにした」と説明した。
日本経済新聞は7月30日付の社説で、「説明に不自然さが残る」と指摘している。菅首相は7月28日、首相官邸で記者団に「大きな課題だったので、これ(哨戒艦事件)を(白書に)盛り込むべきと、私が判断した」と語った。
しかし、そもそも韓国哨戒艦沈没事件が起きたのは3月末。韓国軍と米・英などの専門家が参加した合同調査団が、沈没原因を「北朝鮮の魚雷による爆発」と断定したのが5月下旬。その後のG8(主要8か国首脳会議)で議論されて、さらに国連安全保障理事会が議長声明を採択したのが7月上旬だから、「大きな問題」という認識があったのならば、早くに指示できただろうし、白書に反映する時間は十分にあったはずだ。
政府が発表を躊躇したのは、「竹島」をめぐる記述にあるとされる。防衛白書には2005年版以降、竹島を「わが国固有の領土」と明記しており、これに対して韓国側が毎年反発してきた。2010年の8月29日は「韓国併合100年」の節目にあたる。政府は認めていないが、そのタイミングで白書を発表すれば、韓国内にくすぶる反日感情に火が点きかねないと判断したと、容易に想像できる。
「到底、納得できる説明ではない」
読売新聞はこうした政府の対応を、「日韓関係に波風を立てたくない、という無責任な事なかれ主義であり、今後に禍根を残すと言わざるを得ない」(7月29日付の社説)と、痛烈に批判。仙石官房長官の説明にも、「到底、納得できる説明ではない」と一蹴している。
産経新聞は「防衛白書 了承見送り」の見出しで、2010年7月28日付1面で取り上げた。それによると、政府や防衛省内からも不満が漏れ、菅首相を「弱腰」と批判する声も少なくないとしている。「場当たり的な対応は、問題をクローズアップさせただけ」と指摘し、政府高官のコメントとして「官邸の政治センスを疑う」と報じている。
一方、防衛省は当初の予定どおり約1万部、約1000万円をかけて準備を進めてきた。修正が加えられる防衛白書について、同省は「記述内容について、どの程度の加筆や修正があるのか、まだわかりませんので、差し替えや刷り直しを含め、やり方は現在検討調整中です」(広報課)と話し、少々困惑ぎみ。
発表は9月以降になりそうで、問題となっている竹島の記述も今のところ変わる予定はない。結果的に、またも税金のムダ遣いが発生するのと、領土という重要問題で、菅首相が「曖昧な態度を取りかねない」という不安を抱かせたようだ。
・・・・・・・
無駄遣いも、お笑いだが、この韓国への媚び諂いは半端ではない。

弱腰ではなく、あきらかに反日政権の確信犯的な姿勢の表れと見るべきだろう。

センゴクに至っては、以前も指摘したように、個人補償が足らないとまで言い出した。

恐らく、日韓併合100年のおり、あの悪名高き「河野談話」以上に踏み込んだ、謝罪談話を発表し、未来永劫、金を毟り取られる構図を作るハラだろう。

すでに、政権末期となり、その前に己の醜いイデオロギー丸出しの、売国的言動をくり返すはずである。

チバケイコのアレも、その一環である。

これは冗談ではないのだ。
・・・・・・・・・
目下、次回配信作をリライト中。

7月21日より、北国に来ていたので、まさに避暑となって、作業は捗った。

数日中に第一稿が書きあがるだろう。

チェックをして、配信作業に取りかかる。

8月中旬に配信予定。

今回は「女秘書・シルクの首輪」を加筆修正した。約100枚ほど、増えた。

初版が昭和62年だから、約四半世紀ぶりのリライトとなった。

当時のことが色々浮んだ。ここに出てくる大田黒と言う、いかがわしいセールスマンは実際にいた人物である。

渋谷に住んでいたが、今、どうしているだろう・・・

本日のBGM
エルガー&ディーリアス:チェロ協奏曲エルガー&ディーリアス:チェロ協奏曲
(2007/10/24)
デュ・プレ(ジャクリーヌ)

商品詳細を見る


最新作「キャビンアテンダント・堕天使物語」が、でじたる書房より配信中↓

キャビンアテンダント【堕天使物語】 【でじブック形式】

キャビンアテンダント【堕天使物語】 【PDF形式】

堕天使物語 表紙2
「スチュワーデス・密猟」(日本出版社・アップルノベルズ)に200枚の加筆と、修正を行った決定版!

日本出版社、アップルノベルズより「生贄教師 みんなが見てる」が発売中。
生贄教師―みんなが見てる (アップル・ノベルズ)生贄教師―みんなが見てる (アップル・ノベルズ)
(2010/05)
由紀 かほる

商品詳細を見る


書下ろし最新作はこちらです。↓
女子校生・調教レイブ 【でじブック形式】


女子校生・調教レイブ 【PDF形式】

長谷川レイブ表紙

国際線CAキャビンアテンダント・黒革のスカーフ  【でじブック形式】

国際線CAキャビンアテンダント・黒革のスカーフ  【PDF形式】

黒革のスカーフ3

既刊はこちらから↓

女教師・視姦地獄 【でじブック形式】

女教師・視姦地獄 【PDF形式】

女教師・視姦地獄.3JPG

薔薇のエクスタシス 【PDF形式】


薔薇のエクスタシス 【でじブック形式】


薔薇のエクスタシス

女ボディガード【ヴァニラ色の果実】 【PDF形式】

女ボディガード【ヴァニラ色の果実】 【でじブック形式】

TS385238決定版



プロフィール

stanton919

Author:stanton919
由紀 かほる

憂国を語る、《恋愛》小説家。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム