FC2ブログ

The Wings of the Dove

2011
08-22
読んだら、クリック↓
人気ブログランキングへ

平成23年8月22日☂
本日のBGM
バッハ:平均律クラヴィーア曲集バッハ:平均律クラヴィーア曲集
(2000/07/19)
フィッシャー(エドウィン)

商品詳細を見る


鳩の翼(上) (講談社文芸文庫)鳩の翼(上) (講談社文芸文庫)
(1997/09/10)
ヘンリー・ジェイムズ

商品詳細を見る

これがジェイムズのほぼ遺作になるらしい。
それがマスターピースと呼ぶに相応しい一作となったのは、作家としてはまさに誉であろう。
すでにジェイムズを何作か読んだことのある読者なら、三分の一まで読んだところで、隠された大凡の筋は読めてしまうのではないか。
実際に、そうだった。
それでも、読む価値のあるのがジェイムズである。
その噺をどう描くかを愉しめる、そういう作家なのだ。
しかも、読み終えた後の感興は、予想以上に深かった。
それが出来るのも、ジェイムズの手腕である。

ところで、「鳩」だが、所謂「平和のシンボル」のように喧伝されているが、実はその性格は攻撃的だという噺。
つまり一般のイメージと実像は大きくかけ離れているのだ。
本作のヒロインのミリーは作中で「鳩」になぞらえられているが、ジェイムズも誤解していたのだ、或いは一般的なイメージを借りて描いたのだろう、そう思いながら読み終えた。
が、実は本来の「鳩」の習性をちゃんと判った上での「鳩の翼」だったのではないか・・・
今、ふと思い直しているところである。

「でじたる書房」より最新作「女記者・麻耶~靴下は飴色に染まって~」が配信されました。
以下をクリックして頂ければ、購入いただけます。

女記者・麻耶~靴下は飴色に染まって~ 【でじブック形式】
女記者・麻耶~靴下は飴色に染まって~ 【PDF形式】
女記者・麻耶~靴下は飴色に染まって~

《女記者・麻耶》シリーズ第1弾はこちらから、どうぞ。

女記者・麻耶?絹のTバックを汚して? 【でじブック形式】

女記者・麻耶?絹のTバックを汚して? 【PDF形式】
女記者・麻耶


《女記者・麻耶》シリーズ第2弾はこちらから、どうぞ。
「女記者・麻耶~スウェードブーツを濡らして~」
女記者・麻耶~スウェードブーツを濡らして~ 【でじブック形式】
女記者・麻耶~スウェードブーツを濡らして~ 【PDF形式】
女記者・麻耶?スウェードブーツを濡らして?

オリジナル「トップスチュワーデス 完全飼育」(日本出版社アップルノベルズ刊)400枚を600枚にリライト
「女記者・麻耶」シリーズの第2弾!

書下ろし最新作。1400枚、一気に配信中!

ホテルウーマン?私が奴隷になったわけ? 【でじブック形式】
ホテルウーマン?私が奴隷になったわけ? 【PDF形式】
ホテルウーマン?私が奴隷になったわけ?表紙サンプル

女教師・視姦地獄 【でじブック形式】

女教師・視姦地獄 【PDF形式】

女教師・視姦地獄 表紙2

初版から四半世紀ぶりに、全面改訂と100枚の加筆を行った決定版!

【若妻秘書】シルクの首環 【でじブック形式】

【若妻秘書】シルクの首環 【PDF形式】

【若妻秘書】シルクの首環・表紙sample

でじたる書房より配信中↓
女ボディガード【ヴァニラ色の果実】 【PDF形式】

女ボディガード【ヴァニラ色の果実】 【でじブック形式】

TS385238決定版

キャビンアテンダント【堕天使物語】 【でじブック形式】

キャビンアテンダント【堕天使物語】 【PDF形式】

堕天使物語 表紙2
「スチュワーデス・密猟」(日本出版社・アップルノベルズ)に200枚の加筆と、修正を行った決定版!

日本出版社、アップルノベルズより「生贄教師 みんなが見てる」が発売中。
生贄教師―みんなが見てる (アップル・ノベルズ)生贄教師―みんなが見てる (アップル・ノベルズ)
(2010/05)
由紀 かほる

商品詳細を見る


既刊はこちらから↓

薔薇のエクスタシス 【PDF形式】


薔薇のエクスタシス 【でじブック形式】


薔薇のエクスタシス

国際線CAキャビンアテンダント・黒革のスカーフ  【でじブック形式】

国際線CAキャビンアテンダント・黒革のスカーフ  【PDF形式】

黒革のスカーフ3

書下ろしはこちらです。↓
女子校生・調教レイブ 【でじブック形式】


女子校生・調教レイブ 【PDF形式】

長谷川レイブ表紙

Trackback

Comment

No title
残念ながら、その予定はありません。
  • 2011-08-22│21:45 |
  • 由紀 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

stanton919

Author:stanton919
由紀 かほる

憂国を語る、《恋愛》小説家。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム