FC2ブログ

醸して、か、もしや・・・

2011
09-02
読んだら、クリック↓
人気ブログランキングへ

平成23年9月2日 雨
本日のBGM
アルモライマアルモライマ
(1994/11/06)
パコ・デ・ルシア

商品詳細を見る

昨夜から雨になった。天気予報が当たった。
台風は四国に上陸するらしいから、今後の動きで今度の街宣も左右される。
大概、北海道に来る頃には熱帯低気圧になっているのだが・・・

花のノートルダム (河出文庫)花のノートルダム (河出文庫)
(2008/12/04)
ジャン ジュネ

商品詳細を見る

これは新訳というこになる。
もう一つ、光文社からも出ている。
どっちがいいのか、論争になっているらしいが、どちらも読んでいないからわからない。
目下読んでいるのは、堀口大學訳である。
当時、つまり昭和30年代から40年代は、フランス物は数多く、大學先生が翻訳しているから、当時をギリギリ学生として生きた者としては、普通に読んでいた。
今読むと、表現が古いと言われればそうだが、リアルタイムを過ごした以上、これが普通だとも思う。
いずれにせよ、今さら、フランス語を勉強して、ジュネに挑む気はサラサラないので、文句は言わない。
最近のヘンリー・ジェイムズ物で感じた、酷い日本語ではないから、まずは読み込むことだ。
先日の「泥棒日記」もそうだが、これも愉しい本である。
もちろん、ツマラナイと感じる人もたくさんいるだろうが、愉しいのは自分にとってそうあればよいのであって、ボルヘスの話ではないが、読書が作者との共同作業であるならば、こちらもジュネとの共同作業を愉しめるようになったと、これは自負しておこう。

話はずれるが、「かもし出す」と言う表現がある。
「醸し出す」は「醸す」が正しいと、最近になって流布されたために、みんな「醸す」と使うようになった。
本当なんだろうが、「ノートルダム」の大學先生も、「泥棒日記」の朝吹三吉氏も、或いは先日のジェイムズにしても、みんな「かもし出す」と訳している。
それで意味が通る、と言うより、「醸す」という言葉の意味をよりわかりやすく、しっかりと「かもし出」しているように思う。
敢えて、「醸し出す」と使いたい気がしたが、きっと編集者に「醸す」が正しいです、と直されそうではある。

「でじたる書房」より最新作「女記者・麻耶~靴下は飴色に染まって~」が配信されました。
以下をクリックして頂ければ、購入いただけます。

女記者・麻耶~靴下は飴色に染まって~ 【でじブック形式】
女記者・麻耶~靴下は飴色に染まって~ 【PDF形式】
女記者・麻耶~靴下は飴色に染まって~

《女記者・麻耶》シリーズ第1弾はこちらから、どうぞ。

女記者・麻耶?絹のTバックを汚して? 【でじブック形式】

女記者・麻耶?絹のTバックを汚して? 【PDF形式】
女記者・麻耶


《女記者・麻耶》シリーズ第2弾はこちらから、どうぞ。
「女記者・麻耶~スウェードブーツを濡らして~」
女記者・麻耶~スウェードブーツを濡らして~ 【でじブック形式】
女記者・麻耶~スウェードブーツを濡らして~ 【PDF形式】
女記者・麻耶?スウェードブーツを濡らして?

オリジナル「トップスチュワーデス 完全飼育」(日本出版社アップルノベルズ刊)400枚を600枚にリライト
「女記者・麻耶」シリーズの第2弾!

書下ろし最新作。1400枚、一気に配信中!

ホテルウーマン?私が奴隷になったわけ? 【でじブック形式】
ホテルウーマン?私が奴隷になったわけ? 【PDF形式】
ホテルウーマン?私が奴隷になったわけ?表紙サンプル

女教師・視姦地獄 【でじブック形式】

女教師・視姦地獄 【PDF形式】

女教師・視姦地獄 表紙2

初版から四半世紀ぶりに、全面改訂と100枚の加筆を行った決定版!

【若妻秘書】シルクの首環 【でじブック形式】

【若妻秘書】シルクの首環 【PDF形式】

【若妻秘書】シルクの首環・表紙sample

でじたる書房より配信中↓
女ボディガード【ヴァニラ色の果実】 【PDF形式】

女ボディガード【ヴァニラ色の果実】 【でじブック形式】

TS385238決定版

キャビンアテンダント【堕天使物語】 【でじブック形式】

キャビンアテンダント【堕天使物語】 【PDF形式】

堕天使物語 表紙2
「スチュワーデス・密猟」(日本出版社・アップルノベルズ)に200枚の加筆と、修正を行った決定版!

日本出版社、アップルノベルズより「生贄教師 みんなが見てる」が発売中。
生贄教師―みんなが見てる (アップル・ノベルズ)生贄教師―みんなが見てる (アップル・ノベルズ)
(2010/05)
由紀 かほる

商品詳細を見る


既刊はこちらから↓

薔薇のエクスタシス 【PDF形式】


薔薇のエクスタシス 【でじブック形式】


薔薇のエクスタシス

国際線CAキャビンアテンダント・黒革のスカーフ  【でじブック形式】

国際線CAキャビンアテンダント・黒革のスカーフ  【PDF形式】

黒革のスカーフ3

書下ろしはこちらです。↓
女子校生・調教レイブ 【でじブック形式】


女子校生・調教レイブ 【PDF形式】

長谷川レイブ表紙

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

stanton919

Author:stanton919
由紀 かほる

憂国を語る、《恋愛》小説家。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム